最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
パソコン

通信制高校の受験を考えている人は必見です。
通信制高校を卒業すれば、普通の高校をでたのと同じで、高卒を得ることができます。
なので、昔高校へ行けなかった人などは通信制高校へいくことが多く、受験は比較的簡単にできます。
実際にどんなものか見てみると、中学レベルの簡単な問題と面接だけで合格することができるところが多いです。
ただ、受験するのは簡単ですが卒業するのが難しく仕事をやりながら通っている人は少し大変に感じられることがあるかもしれません。

また、通信制高校には様々なコースがあります。
週5日のコースもあれば週1日のコースもあればスクーリングもあり、スクーリングとは普段は家で勉強をしてテストなどは学校で受ける仕組みです。
通信制高校が選ばれているタイプの人の多くは、学校が遠い人などが通われています。
もちろん、全く学校に行かなくてもいいというわけではなく登校日などがあるので、通わないといけない時もあるでしょう。
それでも、毎日通うというようなことはないので、自分の時間を持ちながら学校で学べるところは大きな魅力と利点であると言えます。

試験を受ける必要がない場合も

通信教育で高校卒業の資格を取れる通信制高校という教育システムがあります。
この通信制高校では、受験体制を取っていない所が殆どです。
入学試験を行う学校は結構ありますが、その殆どは、受験勉強を必要としないものです。
通信制高校が試験を行う目的は、受験生の学力レベルを図るためでもあります。
学力に遅れのある受験生を、入学後、どのように勉強のサポートを巣るべきかの判断材料とすることが目的です。
ですから、早い話、答案用紙が白紙であっても落とされることは稀です。
ただ、通信制高校の中でも、競争率ができていたりすると、どうしても選抜制の受験を行わなくてはいけなくなります。
しかし、そのような場合でも、現在のコースに新たなコースを新設して、受験生を受け入れるように取り計らってくれます。
通信制高校が受け入れている生徒は、何らかの形で、学校からドロップアウトした子供達です。
その子供達の学力は、普通の生徒に比べてかなりの遅れがあります。
その学力の遅れに対して、基礎からしっかり教えてくれるのが、通信制高校の特徴でもあります。
これまでは、週1回か2回の通学だった学校も、毎日の通学を認める所も出てきました。
通学の日数を増やすことで、勉強のサポートを充実させようという試みでもあります。
教育に当たる教師の粘り強い指導で、基礎学力を向上させる生徒も相当数います。
今、通信制高校は、多くの悩みを抱えた子供達の、希望の光となる存在になりつつあります。

オススメリンク

本

通信制の学校とは

通信制高校は全国にあり私立と公立があります。
私立の通信制高校には他府県からも受験できます。
中学校から通信制高校へ受験する場合、願書の出願時期は全日制より早く始まり遅くまで出願できます。
通信制高校は2期制が多く前期と...Read more

関連リンク